敷居が低い|プログラミングスクールに通う|初心者でも分かりやすい

プログラミングスクールに通う|初心者でも分かりやすい

敷居が低い

システム

近年3Dソフトの需要は高まっていて、ゲームのモデリングや、3Dプリンターで出力するデータの作成などに用いられています。初心者の人の場合、3Dソフトを学びたいと思っても敷居が高くてなかなか手が出せないことも多いです。確かに、3Dソフトの中には専門家向けのもので扱いが難しく、値段が高いものもあります。しかし、中には初心者に最適なものもあります。fusion360もその1つで、扱いやすく無料で手に入るので注目を集めています。スクールの中にもfusion360の使い方を教える授業を行っていて、初心者でも気軽に3Dソフトの扱い方を身につけることが可能です。
スクールで行われる授業では、まずfusion360の基本的な操作から丁寧に教わります。線の書き方から編集方法などfusion360にあるツールの使い方を教わり、その後見本を元に簡単なモデリングの練習を行います。いくつかの課題をこなしながら段々と扱いに慣れてきたなら、レベルに合わせて複雑な形になっていきます。段階的にfusion360の使い方が学べるので、初心者の人でもしっかりと技術を身につけることが可能です。初心者向けのコースで基本操作を学んだ後には、より複雑な操作方法や、応用してデータを作る方法について学びます。
作りたい形が自由に作れるようになったら、自分でデザインしたものも3Dデータに起こせるようになります。そうすると、仕事に役立てられることはもちろん、趣味の幅を広げることが可能です。家庭用の3Dプリンターも販売されるようになっているので、オリジナルのスマホカバーや小物が気軽に作れます。